2007年02月07日

ドラえもんの最終回



これはもともと「フラッシュサイト」で誰かが作成したものがコミック本化されたものです。

本物の「フラッシュ」では絶対に著作権に架かることのないように、キャラクターは挿絵だけだった。

しかし、ストーリーが完璧だったので息子と二人で胸を振るわせたことを思い出した。



ストーリー

ある日、突然ドラえもんが動かなくなった。

ノビタがいくらゆすっても動かない。
「どうしたんだよドラえも〜ん

ドラみ
「たぶん、電池が切れたんだと思う。」

ノビタ
「じゃあ、早く電池を交換してよ!」

ドラみ
「すぐに交換してもいいけど、交換したら今までの記憶は全部忘れちゃうよ!」

ノビタ
「そんな〜!」
ドラえもんに忘れられたくないよ〜!」
「忘れられないように電池を交換する方法はないの〜!」

ドラみ
「今の技術ではそれが出来ないの!ゴメンね!」

 ・
 ・
 ・
 ・
 ・ 
 ・
それから数十年、ロボットを開発している博士がいた。

「できた〜!」
「しずかちゃん、来てごらん」
「えっ、ドラちゃん?」

 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
長い時間がつながった。
「・・・・のび太君、宿題終わったの」

 ・
 ・  
 ・
 ・
 ・
 ・
 最高の瞬間だった。

フラッシュはコチラ(とにかくみんな泣け!!)
  ↓ ↓
http://www.flash-link.net/link/flash/dora6.php


これ、フラッシュでみたときには感動したな〜! 
posted by TAK at 11:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。